リーマンFPほしぞらの年収3,000万への道

普通のリーマンが年収3,000万を目指すブログです。

Aではない君とを読みました! 

突然、あなたのこどもが殺人を犯してしまったら。

 

こどもが殺人を犯してから裁判が進んでいく様子を卓越した文章で描いており、読み手は小説の世界に引きずりこまれていきます。

 

そして気が付いたらあなたは主人公である父親になっているでしょう。

 

その時にあなたは何を思うのでしょうか?

 

 

f:id:hoshizoranozomu:20191031222518j:plain

 

自分のこどもが殺人を犯したとしたら。そんなことは考えたこともない。

 

あってはならない事だけど、ありえない事でもない。そんな状況を疑似体験できる傑作小説!

 

目 次

 

 

 

本の題名

Aではない君と 講談社文庫

著者 薬丸 岳

読書時間 不明 3時間くらい?

内 容

 

あの晩、あの電話に出ていたら。同級生の殺人容疑で十四歳の息子・翼が逮捕された。親や弁護士の問いに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話をかけていた。真相は語られないまま、親子は少年審判の日を迎えるが。

少年犯罪に向き合ってきた著者の一つの到達点にして真摯な眼差しが胸を打つ吉川文学新人賞受賞作

    背表紙紹介文より

 

感 想

もし自分のこどもが殺人を犯してしまったとしたら、どんな気持ちになるんでしょうか。
 
自分のこどもが殺人犯になるなんて、想像をしたことが無い人がほとんどではないでしょう。
 
しかも、こどもが殺人を犯す前にかけてきた電話に、あなたは「出なかった」のです。
 
その後、こどもはあなたに殺人事件のことは何も話してくれなかったとしたら。
 
 
この本は殺人を犯したこどもを世間の目から守る親を描いているのではありません。
 
「殺人事件」という究極の状態で読者であるあなたが、家族とどう向き合っていくことが出来るのかを主人公である父親を介して問うています。
 
 
 
犯人の呼び名として使われるAではない君と如何に向き合っていくのか。
 
 
深い小説です。
 
 
私は自分なりにこどもに一生懸命向き合ってきたつもりですが、十分ではなかったなあ。
そんな気持ちで一杯になりました。
 
こどもが生まれてからの自分の人生が次々と思い出されてきて切なくなりました。
 
そして家族にも少しですが、やさしくしようと思いました。
 
 
 
是非、この小説を読んで家族の在り方を考える機会にして頂ければと思います。
 
 
なお、帯の推薦文で伊集院静氏が「思わず唸った」と書かれています。
 
思わず唸る。
そんな名著です。

 

どんな人にお勧め?

 

子どもを持つ親は読んだほうが良いと思います。

読まなかったことを後悔しないように。

 

本を紹介頂いた方

 

今回はアンカー@投資さんに紹介頂きました。

アンカーさん名著ではないなんてことはないですよ!まぎれもなく名著です。

プロフィールを見直しましたが、まだ20台なんですね。

本を読むことを継続されているとのこと。納得です。

 

アンカー@投資さんのツイッターはこちら

https://twitter.com/anchor_0732

f:id:hoshizoranozomu:20191031221523p:plain